MENU

NEWS

酒を愛するすべての人を、新たな世界に誘える一杯を求めて。

「鬼夜叉」お取扱店のご紹介

2016年2月2日
「鬼夜叉」をお取り扱いしていただいている酒販店様をご紹介いたします。店舗の詳細は購入できる店・飲める店でご確認ください。宜しくお願い申し上げます。

<北海道>

マルミ北栄商店・酒の早坂商店・青柳商店・丸イ山本商店・地の酒晋作シンサクマート・酒舗七蔵・笹松屋・まやなぎ商店・地酒と米のときわ・石家商店・越前屋・まるしん清水商店・ワインフードわたらい・リカーショップカクイ・鎌田本店・酒泉館・大ト馬場商店

<東京>

小山商店・甲子屋酒店

<神奈川>

伊勢隆・三河屋かみや・安田屋酒店

<金沢>

酒のぬまた

<福岡>

河口商店

<鹿児島>

武岡商店

(敬称略・順不同)

「鬼夜叉」について

2016年2月2日
遠心分離、それは通常のもろみを搾るという工程ではなく、一切のストレスを排除して劣化や酸化を防止するための現在考えうる最高の技。北雪酒造ではフレッシュさをお届けしたく、遠心分離したお酒をおり引き後即時に無濾過で「瓶詰め」そして「瓶燗火入れ」を行い、「瓶貯蔵」をしております。

「鬼夜叉」はその贅沢な遠心分離酒を「金星」「純米」「純米吟醸」「純米大吟醸」の4銘柄ラインナップしております。しかし数量が限られるため一部酒販店様限定の商品とさせていただいておりますのでご了承ください。

そもそも「鬼夜叉」とは人の内面の悲しさや恐ろしさから救いを表現する「能」を芸術の域まで高めた「世阿弥」の幼少期の名前で、時の将軍足利義満によって名付けられたとされています。その後晩年に「佐渡島」に流刑されました。そのため佐渡島には全国で最も多い「能楽舞台」が現存しています。日本人にとって「鬼」は人の心の醜さを現しますが、「夜叉」は男でも女でもない中性的な含みを持っています。「鬼夜叉」ブランドのラベルは「上下絵」という表現法を用いて「鬼」と「仏」の心顔を表現しています。鬼夜叉1800ml

 

最近の記事

アーカイブ

トップへ